3周年の御礼と所信表明

当施設代表の平岡美幸と所長の平岡博次です。

早いもので私たちが開所した就労継続支援B型事業所は6月1日で3周年となりました。


開所への歩み
は別ページで記しました通りですが、開所してからは多くの出会いにも恵まれました。

障がい児の親として、子離れへの質問・サポートについて利用者の親御さんとも話す機会も多くありました。

当施設に仕事を出してくださる企業様との出会いもあり、仕事の種類も増えて特性に合わせたお仕事を提案できるまでにもなりました。

そうした出会いの結果として、多くの利用者の方にお通いいただき、結果も伴ってきたかなと感じております(一般就労やA型事業所への送り出しも幾例も出ております)。

私どもはこれから先も利用者の方と共に広がる未来へつながる事を力強く進めてまいりたいと思います。
その為に私どもが何をするのか?
結果として何を成し遂げていくのか?
そういった事は常に利用者の方々やスタッフと共に考えて、確実にそちらに向けて進んでいきたいと思います。

この一年余りの時はコロナ渦で多くの方々が疲弊されていると思います。
ですがワクチンの接種もはじまり、多くの方にとってこれからは今まで以上に希望のある一年になると信じています。

そうした時代の中で当施設「ダンケ・アーバイト」はお客様から「ダンケ(ありがとう)」と言われる「アーバイト(仕事)」をして、多くのお客様から利用者の方々が「ありがとう」と言われるように努めて参りたいと思います。

どうぞ皆さま、まだまだ未熟な私たちではありますが、これからもよろしくお願いいたします。
そして、今これをお読みの障がいのある皆さま、未来へと進む私どもの施設へおいでになり、共に実り多い未来をつかみましょう。

我々はいつでも、皆さまとの出会いをお待ち申し上げます。

 


代表 平岡美幸・博次
2021年6月1日

ダンケアーバイト三周年食事会(いつものお昼ご飯をパワーアップ)での様子です
※写真はご本人の許可があったもののみ掲載しています



問い合わせ
メールアドレス・・・dankearbeit@gmail.com
電話番号・・・072-989-1714
問い合わせフォーム・・・ここをクリック(外部サイトにつながります)
担当 ひらおかみゆき・ひらおかひろつぐ

 

 

政府による緊急事態宣言の延長発令について

ダンケアーバイトは行政機関からの要請には可能な限り応えます。

それは、利用者の方々の健康を守るうえで一番なことだと考えているからです。
それに、行政より仕事を委託されている福祉事業所として当たり前の
ことと考えていることもあります。
 
現在、ダンケアーバイト(他の施設の方々もそうであるように)は行政の指導により
示された感染症対策をしたうえで、開所を続けております。

これは、障がいのある方々の仕事の場を継続して開けてほしいという行政の
方針もさることながら、我々としては多くの利用者の方の収入・居場所を守る
ためでもあります。
 
コロナのことではまだまだ厳しい期間が続くと思いますが、利用者の方々
スタッフの面々と力を合わせて、笑顔のあふれる良い仕事場として、当施設を
続けてまいりますので、どうぞ皆さま、これからもよろしくお願いいたします。
 
記 ダンケ・アーバイト 所長 平岡博次
2021年5月21日

問い合わせ
メールアドレス・・・dankearbeit@gmail.com
電話番号・・・072-989-1714
問い合わせフォーム・・・ここをクリック(外部サイトにつながります)
担当 ひらおかみゆき・ひらおかひろつぐ

 

 

祝日の開所について・ダンケは居場所・そして働き場所として。

ダンケアーバイトは多くの祝日に開所をしております。

それは、利用者の方々が当施設を居場所として、働き場所として、
日々のルーチンとして組み込んでいることから、そのリズムをできる限り
崩さないようにするためです。

利用者の方々もそう考えられて仕事を頑張ってられます。

施設運営者としては、そんな頑張りを応援したいわけで・・・そのために
スタッフで手分けをして祝日の多くは、通常通りの開所をしております。
 
皆さんと共にお仕事ができる事を歓びを胸に、お客様からの「ありがとう」を
当施設のみんなと共有できることに幸せを感じております。

コロナ渦で請け負っている仕事量が減っておりますが、今後は
ダンケでも独自の仕事を創出して、乗り越えていきたいと考えております。


記 ダンケ・アーバイト 代表 平岡美幸
2021年5月6日

問い合わせ
メールアドレス・・・dankearbeit@gmail.com
電話番号・・・072-989-1714
問い合わせフォーム・・・ここをクリック(外部サイトにつながります)
担当 ひらおかみゆき・ひらおかひろつぐ

 

 

色々なことがありますが何が有っても「大丈夫」にしたいですね。

コロナ渦が始まってから激変した世の中の様子。
ただでさえ生き難さを抱えて頑張って歩んでこられた障がいのある方々が
より困難なことになっていることは想像に難くありません。

そんな今だからこそ、当施設は利用者の皆さまと共に笑顔で今日を生き、明日を
迎えられるように様々な取り組みをしております。
そうして皆さんと共に大丈夫な今を作り出し、明日も笑顔で生きていくための場を
提供できるように努めます。

ダンケ・アーバイト 代表 平岡美幸

問い合わせ
メールアドレス・・・dankearbeit@gmail.com
電話番号・・・072-989-1714
問い合わせフォーム・・・ここをクリック(外部サイトにつながります)
担当 ひらおかみゆき・ひらおかひろつぐ

 

 

新しいお問い合わせ方法始まりました

LineやZoomでのオンライン相談や面談もできるようになりました。

まずはメールか電話でお問い合わせの上、ご予約くださいませ。

メールアドレス・・・dankearbeit@gmail.com
電話番号・・・072-989-1714
問い合わせフォーム・・・ここをクリック(外部サイトにつながります)
担当 ひらおかみゆき・ひらおかひろつぐ

 

一日1時間からでも働き始めることの意義
 
皆さまこんにちは、代表の「ひらおかみゆき」でございます。

私が当施設に新しく来る利用者の方々のお話を聞いてますと、当施設に来るまで、毎日
「働かないといけない」というプレッシャーがあって余計に「身動き取れなかった」ということ。

人は生きていく中で様々なプレッシャーに直面します。

そしてそのプレッシャーはいつの間にか重く大きくなり心の中のお化けになります。

そのお化けが心に居座ってしまうとほんと、大変なことだと私は思います。

そんな時はまずは当施設に、そして私にまでお気軽に問い合わせてみてください。

当施設では「このような仕事をこれだけしましょう」というノルマ的なものや滞在時間の縛りはありません。

まずは通所する、それで一つ
そして、一時間でも座る、これで二つ
その座っている中で好きなことを仕事とする、これで三つ

と、一つずつ積み上げていき、その時の体調に合わせた仕事を無理なくしていけばいいというのが
当施設の考えです。

そうした日々の積み重ねで、少しずつ心と身体が動くようになれば、収入も比例してついてきますし
それがやり甲斐となっていけば、仕事する意義と必要とされている喜びも感じていただけるかなと
思います。

まずは勇気を出してお問い合わせくださいね。

皆さまと共にお仕事ができる事、楽しみにしています。

2021年3月5日  代表・平岡美幸



当施設では電車やバスでの通所のための費用補助もしております→ご自身での通所の費用について               

 

 

万博記念公園「太陽の塔」前にて

 

 

ダンケの特徴

 

1.一時間毎に100円~+仕事の成果に工賃

施設内で利用者の方が仕事として行動することの多くに工賃が発生する仕組みが有ります。【別途・働いている時間、1時間毎に工賃も100円~が付きます】

内職や施設内の食器洗い・コーヒー・お茶出し・洗濯・掃除・パソコン・スパイス調合等多くの仕事が有りますその中から好きな仕事を自分のペースでしていただけます。

施設への出席へ取り組みへの結果に応じて基本の時間工賃がさらに上がっていきます。

 2.送迎します・電車通勤には補助が有ります

八尾市・東大阪市から大阪市内の一部にまで送迎があります。
 
また、電車での通所時には交通費の補助もございます。
 
マイカー通所をご希望の方も通所日数により対応できることが有ります。まずはお気軽にお問い合わせください

3.新たに発足したスパイス部が楽しい仕事となっております

希望者でインドの食材屋さんに行って、スパイスをたくさん仕入れてきたら、参加希望の人たちとスパイスの調合です。
 
そのスパイスの一つ、カレーは店舗様向けに卸していて、大好評です。
また、チャイや配合スパイスでいろんな料理にも使っていただいています。
一緒にスパイス、調合をしましょう。
新開発も一緒に、しましょう。

4.希望者される方はパソコン・iPad・タブレット端末を一台、利用者の方の専用として割り当ております。

希望の方には一人一台のiPadやパソコン、タブレット端末を割り当てます。
そのパソコンを使って、ネットの中での調べものや文章作成のお仕事、デザインや入力仕事など、色々な仕事をしていただけます。

使い方に不安のある方はお教えいたしますので、安心ください。

5.障がいの特性に合わせた仕事の創生と支援をします。

障がいにはいろいろな特性があります。
 
例えば身体障がいの方にはパソコン仕事を中心としたものが喜ばれております。
知的障がいのある人にはその人の興味のあることなどをしっかりと聞き出して、それに関連をした仕事の提案もしております(デザインや内職など)。
精神障がいの方であれば、ノルマなどのないのびのびとした仕事を担当していただく事で、精神的負担を軽減してよい仕事をしていただけます。
 
ダンケアーバイトでは数多くの、オリジナルな仕事がありますので、まずは利用希望の方が何が得意であったり、何が好きなことか等も教えて頂きます。
 

その他、スタッフのは→スタッフのページにて

 

 

 

 



ダンケ・アーバイトのお話をフェィスブックページにて配信しております。
是非、いいねを押していただき、当事業所の様子をご覧くださいませ。
また、ホームページ上でも随時更新してまいります。

 


昼食について

ダンケ・アーバイトでは毎日のお昼ご飯を選ぶ楽しみもあります

(この中から食べたいお弁当を選んだら自分の名前の欄にそのお弁当のシールを張ります)

お昼ご飯は栄養士の監修したカロリーが明記された美味しいお弁当を召し上がっていただけます(利用者の方の負担は200円です)
この中から毎日選ぶ楽しみがあります。

利用者の方はお昼休み以外は1時間に100円以上の基本工賃が発生しますので、自分の稼いだお金で召し上がっていただけます。